特別講座のご案内(昨年度の案内となっています。詳細決まり次第本年度分掲載します)

 
  特別メカトロ講座(中級編:機構学)

■概要■
本講座は、メカトロ設計に必須である機構学について具体的に学びたい方や、改めて知識を確認されたい方を対象にした特別講座です。
機構学講座の中級編として「機構学特論」、「カム機構特論」、「リンク機構特論」の主テーマを取り上げ、短期集中で体系的に機構学について学ぶ講座です。

講師は、松元明弘先生、香取英男先生、相山康道先生の3名をお迎えし演習を行いながらリンク機構及びカム機構の解析法をメインに実践的に解説します。基礎講座の受講者におかれては、学習内容を補強する機会として本講座をおススメします

■対象者■

   機構学、カム機構設計概論など初歩的な内容を学習された方  (基礎講座を受講された方は是非ご参加ください。)

   実務を多少経験された方

   機構学を勉強して実務の参考にされたい方

■実施日、場所■
2017年1月13日(金)  9時30分〜16時30分 (受付:9時10分〜)機構学特論(松元明弘先生)
2017年1月19日(木) 9時30分〜16時30分 (受付:9時10分〜)リンク機構学特論(相山康道先生) 
2017年1月20日(金) 9時30分〜16時30分 (受付:9時10分〜)カム機構学特論(香取英男先生)

  東京都首都大学東京
    秋葉原ダイビル 12階 首都大学東京サテライトキャンパス
    東京都千代田区外神田1-18-13
    (JR秋葉原駅電気街口徒歩1分)
    地図 http://yahoo.jp/udv9PF 


       2017
113():DE会議室

       2017119():E会議室

       2017120():E会議室
   
   
  ■講座内容■  
   
   ◆機構学特論◆     1)位置決めにおける加減速     2)機構学の概要説明        3)演習問題
                     位置・速度・加速度の設計       行列による機構解析
                      カム曲線への展開            指数関数を用いたベクトル機構学
              

◆カム機構特論◆     1)カム機構の構成要素  2)タイミング線図の作成  3)カム機構の設計  4)演習問題 

◆リンク機構特論◆    1)リンク機構の基礎  2)リンク機構の運動学  3)リンク機構に働く力  
                4)演習問題  5)演習問題解説  6)2リンクシミュレータ(PC利用)7)課題実習

   ■講師からの注意事項
  
    機構学特論

    特にコンピューターは使用しません。演習は手計算で行います。三角関数と指数関数、およびその微分、ならびに行列計算を
    含みますので、
必要に応じて書籍をご持参ください。


    カム機構特論
     演習を解くための計算手段として、
    工学計算ソフトを事前にインストールしたPCを各自持参する。
    
ここで使用する工学計算ソフトは、PTC社製の「 Mathcad 」を用いる。
    PTC社のWeb  http://www.ptc-jp.com/engineering-math-software/mathcad/free-download

    からフリーでダウンロードでき、ダウンロード後1ヶ月は正規版と同じフル機能が使用できる。
    その後は、限定された機能のみが永久に使用できる。
    したがって、開催日1週間前ぐらいまでにダウンロード・インストールしておくとよい。
    ほとんどの人たちが使用したことがないと憶測されるが、わずかなガイダンス(30分程度)で使用できると思われる。
    なお限定盤の機能の範囲については、確認していないので本講習ではフル機能のMathcadの仕様を前提とする。
    
ダウンロード・インストール出来なくてもPCは各自ご持参ください。)

    リンク機構特論
    リンク機構御運動を確認する手段として、Microsoft EXCELを用いたシミュレータを利用します。EXCELが使用できるPCを
    各自持参してください。

    

「講師略歴」 
           「機構学特論」    松元明弘 先生  東洋大学教授         
               1983年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了.1988年工学博士.東京大学助手,
              東洋大学講師・助教授を経て現職.ロボットシステム,特に産業用ロボットや移動ロボット,
              人間支援システムなどの研究と研究に従事.日本ロボット学会,日本機械学会などの会員.自動化推進協会理事長.

         

           「カム機構特論」   香取英男 先生  テクファ・ジャパン社長
              明治大学 大学院 理工研究科 博士課程 修了 工学博士
               コンピュータ支援による機構設計手法の研究・開発に従事。元日本カム工業会会長。
              現在 テクファ・ジャパン(株)代表取締役社長 

                     

          「リンク機構持論」  相山康道 先生 筑波大学教授
               1995年東京大学大学院博士後期課程終了.博士(工学)
              准教授を経て現職.マニピュレータ,ハンドの研究から産業応用の研究に従事.ロボットや自動機器の運動解析,
              力学解析に基づく新たな手法の提案など.自動化推進協会常任理事.

                     

■受講料

個人会員・特別会員各1名、法人会員5名迄は参加費 各講座30,000円。  3講座受講の場合は70,000円に割り引きます。
非会員(上記参加枠オーバーも含む)は1名につき参加費 各講座35,000円。 3講座受講の場合は85,000円に割り引きます。

※同一事業所内では、会員は他の者を代行させることができます。
また協賛団体「デンソーFAシステム会」会員の方は割引となりますので、申込時にその旨ご記入下さい。
なお、申し込まれてから、都合で出席できない場合は、必ずご連絡ください。

■申込方法と申込締切

お申し込み後、折返し受講料の請求書をお送りいたします。
当日、会場での金銭の受け渡しはいたしません。
受講票は発行いたしません。受講日に直接会場までお越しください。
申し込み締め切り日までにご欠席の連絡がない場合、受講料を申し受けます。

お申し込みは、受講申し込みフォームよりお申し込みください。☆講座お申し込みはこちらから。

締め切りは各講座の4日前となります。 また、期日前でも定員になり次第締め切りますのでお早めに申し込みください。
なお、申し込まれてから都合で出席できない場合は、必ずご連絡ください。