JAAA NPO法人 自動化推進協会のご案内
Japan Association for Automation Advancement

自動化推進協会は、1972年の発足以来、生産技術の発展に貢献すべく約40年にわたり活動してきました。
ニーズの多様化に対応して、自動組立から自動化全般へと活動の幅を広げて自動化技術を体系化し、技術の交流と普及、技術者の養成等を目的に、メーカーとユーザー、コンサルタント、学者・研究者の横断組織として活動し、今日に至っています。

名 称 特定非営利活動法人自動化推進協会
(2004年12月24日 内閣府認証)
理 事 長  松元 明弘(東洋大学教授)
事 務 局東京都千代田区飯田橋2-11-10山田ラインビルV B02
支 部 北陸支部(福井県福井市)
関西支部(大阪府箕面市)
中部支部(愛知県名古屋市)
主な活動内容

自動化技術基礎講座の開講 (年10回 50時間 : 過去の実施実績はこちら

自動化技術の継承と技術者の養成を目的として、自動化技術基礎講座を開講しています。

工場見学会の開催 (年6〜10回程度: 過去の実施実績はこちら

自動化の進んでいる各企業の製造工程を見学し、生産技術担当者との、立ち入った質疑応答を組み入れた工場見学会を実施しています。見学先は、自動車産業、エレクトロニクス、食品工場など、最新の技術に接することの出来る工場を幅広く選定しています。

メカトロニクス技術認定試験(TTAM)の実施

メカトロニクス技術者の技術向上のため、「メカトロニクス技術認定試験」を実施しています。
この試験はメカニズムと制御の組合せシステム構築技術レベルを判定するものです。
又、この試験のための教本が工業調査会より出版されています。
教本の販売を行っています。ご購入を希望される方はこちらのフォームからお申込ください。

会員事業所への技術指導、企業内教育サービス

会員の所属する企業が自動化を計画し、外部にアドバイスを求めたいときには、相談に応じます。

特別講演会の実施

総会の併催行事として、自動化に関した最新話題をテーマに講演会を開催します。

機関誌の発行(年4回)

協会の動向や新技術等をお知らせし、同時に、会員の皆様とのパイプ役となる「自動化推進」を、年4回発行しています。

WEBサイトの運営、情報提供

会員との交流を深め、また、会員の参考になる情報を提供するためにホームページを開設しました。ご希望により会員ホームページとのリンク・サービスを行っています。