特定非営利活動法人自動化推進協会 沿革

1972年7月 自動組立懇話会として設立
会長:牧野洋 山梨大学助教授
1978年8月 自動化推進協会に改称
初代会長:牧野洋 山梨大学教授
1982年3月 「第1回国際自動化推進展」を開催
会場:東京国際見本市会場(晴海)
1984年9月 国際自動化推進展を改称し、日刊工業新聞社共催にて「自動組立推進展’84」を開催
1988年5月 新会長として新井民夫 東京大学教授が就任
1992年10月 創立20周年記念事業実施
1996年5月 柔軟物自動化研究会を設立。研究会会長には牧野洋氏があたる
1999年5月 新会長として遠山茂樹 東京農工大教授が就任
2001年5月 新会長として菅野重樹 早稲田大学教授が就任
2002年6月 「ものづくりワールド2002東京」「FA&コンポーネンツフェア」を日刊工業新聞社と共催
2004年10月 第1回メカトロニクス技術認定試験を実施
2004年12月 NPO法人として内閣府より認証(12月24日)
特定非営利活動法人 自動化推進協会と改称
理事長 菅野重樹 早稲田大学教授
2005年9月 事務局を中野サンプラザ9階に移転
2006年10月 スカラロボット ロボット殿堂入り記念講演会を実施
2007年6月 定時総会にて中部支部を設立を議決(愛知県名古屋市)
2007年12月 中部支部設立記念講演会を実施(会場:名古屋市工業研究所ホール)
2009年6月 新理事長に松元明弘東洋大学教授が就任
2010年8月
12月
東京及び名古屋にて、「C#で学ぶ牧野機構学」講座を実施
2012年5月 事務局を飯田橋に移転